到着したら、電車で移動で便利

高速バスは鉄道と組み合わせて利用するのが大変便利です。その大きな理由は、これら長距離バスのターミナルは殆どの場合各地の主要駅内あるいは隣接して営業している為、そこから鉄道に乗りついで各目的地へアクセスするのが大変便利であるからです。もちろん出発ターミナルについても同様であり、自宅から最寄りのバスターミナルまで鉄道で簡単にアクセス出来るメリットも存在しています。 到着バスターミナルの駅から目的地が比較的近い場合は特に鉄道指定席の予約を取らなくとも普通列車で大丈夫ですが、比較的遠く、またその行程の旅情もついでに楽しみたいという場合、現地で特急券や指定席券を確保するか、思い切って事前にそれらの券を予約ししてしまうのも一つの手です。 この際あまりタイトなスケジュールにするのは控える事。なぜならバスは鉄道と比較して到着時間の誤差が大きく、思わぬ渋滞に巻き込まれ到着が遅れたせいで、予約した列車に乗り遅れるといった事態を避けるためです。